お問い合わせ

PRODUCT製品

よくある質問と回答(発汗計)

その他、専門的なご質問

「換気カプセル型発汗計」の特徴は? 以下のような特徴があります。
①定量的な測定ができる。
②連続的に測定ができる。様々な刺激に対する発汗量の変化を確認できる。
③応答が早い。精神性発汗のような素早い生体反応も記録できる。
④局所であるため、部位差の評価ができる。
⑤皮膚装着部は電気回路と絶縁されており安全性が高い。
TEWL(不感蒸泄)は測定できる? TEWLは、中枢の関与なく、汗腺を介さずに皮膚表面から発生するごく微量の水分蒸散で、「発汗」は暑さや運動、精神的ストレスといった刺激に対して発生する微量から多量の発汗量です。換気カプセル型発汗計は、皮膚から発生する蒸散水分量を測定しているのでTEWLも測定値に含まれますが、ごく微量な水分蒸散に対して十分に感度が高くないため、TEWLの評価を主とした用途ではご利用頂けません。
QSARTはできる? QSARTシステムの販売も可能です。
GSRとの違いは? GSRは手のひらの発汗(精神性発汗)による皮膚の電気特性変化を記録したものとされていますが、その発生機序など分かっていないことが多いです(緊張や動揺といった感情変化と経験的に同期することが知られており、心理学の領域では常用されています)。手掌部発汗量の変化とGSRの変化は同期しますが、発汗計測には以下のメリットがあります。
・定量性が高い
・ダイナミックレンジが広い
・安全性が高い
・精神性発汗だけでなく、温熱性発汗も評価可能
有効発汗を測定しているのか、それとも無効発汗を測定している? 換気カプセル発汗計では、無効発汗も蒸散させて計測します。有効発汗と無効発汗の総量、皮膚から発生する水分の総量を計測します。

機器の仕様

使用可能な測定環境は? 各機種の仕様をご参照ください。
例えばサウナのように使用可能な測定環境を外れる環境での測定はできないのか? 本体をそのまま、サウナや高温の人工気象室等に持ち込むことはできません。
サウナでご利用の場合、以下のような方法にて、実績がございます。
・機器本体をサウナや人工気象室の外に置き、プローブを被験者まで伸ばす。
・本体を発泡スチロール等の断熱性ボックスの中に入れる。
なお、いずれの場合も、機器の空気取り入れ口に除湿剤(シリカゲル)のボックスを取り付けることをおすすめします。詳しい方法については、お問い合わせください。
人工気象室で温度・湿度を変化させた時の発汗量を測定したい。環境が変化する場合は測定はできないのか? 以下のような方法にて、実績がございます。
・機器本体をサウナや人工気象室の外に置き、プローブを被験者まで伸ばす。
なお、機器の空気取り入れ口に除湿剤(シリカゲル)のボックスを取り付けることをおすすめします。詳しい方法については、お問い合わせください。
どのように校正(キャリブレーション)を行なっているか? 天秤法を用い、蒸散水分量との比較によって校正を行なっています。
本校正方法は、日本工業規格JIS B 7923:2020に定められています。
powerlabやbiopackに接続できるか? アナログ出力のある発汗計であれば接続可能です。
プローブを長くすることはできるのか? 長くすることはできます。〜5mくらいまで対応可能です。
1CHと2CHがあるが、どちらを選択すれば良いか? 精神性発汗の場合は、通常1CHで十分です(例えば、聞き手と話し手の2人のデータを同時に計測する場合などは2CHをお勧めします)。
温熱性発汗は部位差があるため、2CH以上で複数箇所を測定することが多いです。
保険適用されている自律神経機検査は、部位差の測定を行う必要があリマス。
2CH以上の機器はないのか? 特注生産することは可能です。もしくは、複数台のアナログ出力を記録解析システムに入力して複数CH同時計測することも可能です。
使用可能なPCのスペックは? ・OS : Windows10/8.1/7/Vista/XP
・解像度 : 1400×1080程度を推奨
・ポート:USBもしくは、RS-232C
・メモリ:1GB以上
医療用では、安全性の観点から情報技術機器の安全規格(IEC 60950-1/EN 60950-1)に対応したCEマーキング付きPC(ACアダプタもCEマーキング付き)をご使用ください。

測定方法・解析方法

機器の特性・操作上、精度よく測定するために気をつけることは? 1)カプセルをホルダに抑えて、ウォーミングアップを出来るだけ長時間行い、ゼロ調整をこまめに行ってください。
2)環境条件(温度・湿度)が変化しないように注意してください。使用する環境条件が温度:15℃〜35℃、湿度:30%RH〜80%RHの範囲であること。
3)カプセルが外れないようにしてください。皮膚との間に隙間ができるとうまく測定ができません。
カプセルを皮膚に固定する方法は? 1)貼り付ける前に、ペーパータオルと消毒用アルコール等で皮脂や汗を取り去ります。
2)専用の両面テープを使用して皮膚に貼り付けます。
3)カプセルの上にサージカルテープを貼り、補強します。
機器を使用できる環境条件は? 温度:15℃〜35℃、湿度:30%RH〜80%RH
人工気象室やサウナなどを用い高温多湿条件でも測定できるか? 上記環境を超える場合、機器を人工気象室やサウナに持ち込むことはできません。
被験者を人口気象室・サウナ内、機器をその外に置き、そこからプローブを伸ばして被験者の発汗を測定することはできます。
ただし、条件によりうまく測定ができない場合もあるため、別途ご相談をお願いいたします。
測定中に測定部位を動かしても問題ないか(精神性発汗)? 機器への影響としては問題ありません。体の動きで精神性発汗が誘発されることがあるので、体の動きを最少とするように配慮するのが一般的です。
測定中に測定部位を動かしても問題ないか(温熱性発汗)? 問題ありません。
精神性発汗の一般的な測定部位は? 精神性発汗は、手のひら、足の裏に限ります。
温熱性発汗の一般的な測定部位は? 温熱性発汗としては、発汗量の多い部位(前胸部、背部等)で測定することが多いです。前額部も発汗量が多いが、精神的な刺激が重畳しやすいとされています。
発汗データの解析方法は? 反応性発汗量の強度を評価する指標として、
a. 発汗波のスパイク数
b. 発汗波の最大値(mg/min)
c. 基礎発汗量と発汗波で囲まれた面積(mg)
などが用いられています。
『基礎発汗量と発汗波で囲まれた面積』を除く各指標は装置の応答特性の影響を受けるため、『基礎発汗量と発汗波で囲まれた面積』を反応性発汗量の強度評価指標として用いるのが一般的です。
ドリフト(基線)の変化が大きい、特に、測定中にマイナスになることがあるが、どのように対処すべきか? 機器本体の温度や、周辺の環境の温度・湿度が変化するとドリフトが起こりやすくなります。そのため、以下の点に注意してご使用ください。
1)機器本体を十分に測定環境に慣らす。
2)電源を入れ、出来るだけ長く(最低でも10分程度)は暖機運転を行なった後、ゼロ調整を行う。
3)熱を発生するものやエアコンの吹き出し口などのそばに機器を設置しない。
精神性発汗の有無を調べるための誘発方法は? 精神性発汗は、手のひら、足の裏に限る。

その他、技術的なお問い合わせ

●機器から出力されるデジタル信号の方式は公開可能か?

次の資料をご参照ください:機器とPC間の通信について

PAGETOP