お問い合わせ

SWEAT汗のキホン

汗のキホン

発汗の分類

汗は機能の違いから、主に『温熱性発汗』と『精神性発汗』に分けられます。

発汗を自覚しない状態での水分蒸散(不感蒸散)

精神性発汗

温熱性発汗

精神性発汗と温熱性発汗の比較

精神性発汗 温熱性発汗
発生部位 手掌・足底部(無毛部)の皮膚 左記以外の全身(有毛部)の皮膚
発汗刺激(一般的な誘発刺激) 情動性刺激
(深呼吸・各種感覚刺激・暗算歌唱・各種心理検査など)
精神性発汗
(電気毛布・家庭用サウナ・部分温水浴・人口気象室・全身運動負荷)
発汗量 少ない 多い
発汗潜時 短い 長い
生理学的意義 防衛反応の効率上昇作用 体温調節制御の効果器作用

無毛部と無毛部の構造

無毛部及び有毛部は、精神性発汗・温熱性発汗の役割に対応して、その機能を最大限に活かせる構造になっています。

無毛部
指紋の土手の上に汗腺が並ぶ。発汗により、ものを握るときのグリップを高め、感覚を敏感にする。無毛部は角質層が厚く汗管が長い。

有毛部
表面に出た汗を素早く広げるため、小皺の底、ことにそれらが交わる部分に汗腺が存在する。

味覚性発汗

有効発汗と無効発汗

体温調節に関わる汗の目的
汗は、蒸散するときに気化熱を奪うことで体温調節に寄与しています。
→ 体温調節に関わる汗は、蒸散することで機能します。

体温調節に関わる汗には、気体として存在する汗と液体として存在する汗があります。

参考文献

PAGETOP